さもないこと

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

IMG_4050.JPG

 

Sesonal fruit♪

 

お隣さんから頂きました。

 

 

本当に美味しくて

 

この季節になると心が勝手に踊ります。笑

 

 

 

チャイムが鳴った時

 

またしても出られなかったのですが(すぐに動けないので涙)

 

まーくんさんが受け取ってくれた袋には、可愛いメモが添えられてました。

 

 

 

 

「実家から梨が届いたので、良かったら冷やして召し上がってください。」

 

 

 

の後に、わたしへのメッセージが・・

 

 

 

 

 

ジーーーーーーーーーーーン♡←泣いてる

 

 

 

 

 

そこには、優しくてキュートでお気遣いタ〜〜〜〜〜〜〜ップリのメッセージが♡

 

 

思わず涙がちょちょぎれました。

 

わたしだけではなく、まーくんさんへの配慮まで・・

 

スゴイ!♡

 

 

 

 

 

 

ささやかだけど、手間をかけること。

 

 

さもないことの積み重ね。

 

できそうで、できないのです。

 

 

そんなことがサラリとできちゃう、お隣のmさん♪

 

(土屋太鳳ちゃんに似てる♡)

 

 

 

周りに、いつも素敵な人がいてくれることに

 

心強さを感じます。

 

 

 

さもないことを大切にして

 

ありがとうの気持ちを忘れずにいたいです。

 

 

 

 

 

 

まーくさんと、食後のデザートに♪ワーイワーイ

 

IMG_4063.JPG

 

幸せです♡♡♡

 

 

 

 

 

 

 


あら・・・

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

 

 

(せんせーやさすぃ〜〜)

 

 

院内と同じで、とても穏やかな空気感を演出してくださる先生に

 

バセドウに心当たりのないわたしは

 

こんな所まで来てしもうて、すんません・・

 

ソーオモウバカリナリ。

 

 

 

 

もちろん先生も、症例のない状態のわたしを目の前に

 

 

「甲状腺で歩行障害・・???」

 

 

 

でも、辻先生にも紹介されているし

 

患者を目の前に、診ないわけにはいかないであろう先生は

 

優しく、親切、丁寧に問診をしてくれて

 

わたしをフォローしてくれるかのように

 

甲状腺の説明をして下さいました。

 

 

 

 

父が若かりし頃、甲状腺で足が動かなくなったことがあるのですが

 

それは、だるくなったり、力が入らなかったりという、甲状腺から来るもので

 

今回のわたしの症状とは、まったく違うものだということも

 

説明して頂きました。

 

 

 

 

遺伝的なものがあるのかな?と思っていたのですが

 

それも関係ないみたいで・・・。

 

やっぱり謎に包まれたままの、わたしの足よ。オ〜イ

 

 

 

 

この日は甲状腺の超音波検査と血液検査をし

 

次週結果を聞くことで、この日は終わりました。

 

 

 

 

 

そして一週間後。

 

予約の日がやってきました。

 

 

 

 

(もうここに来ることもないだろう・・)

 

と思いながら診察室へ。

 

 

 

 

 

血液検査の結果を診ながら

 

ひとつづつ丁寧に説明して下さり

 

先「これも、これも、これも・・以上なしですね。」

 

ひ(だろうよ)←オイ

 

 

 

 

 

そして最後の項目。

 

先「佐々木さんはバセドウです。」

 

ひ「      」←キコエナカッタノカ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひ「え゛ーーーーーーーーーーーーーっ!!」←オソイ

 

 

 

 

 

お目目ぱちくり。

 

 

 

 

 

ひ「わたしホンマにバセドウなんですか?」

 

先「はい。」

 

ひ「へぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」←ヒトゴト?

 

 

 

 

 

だそうです。

 

 

 

 

 

「バセドウな訳じゃいじゃないですか〜」

 

「バセドウちゃいますよ〜」

 

と、(聞かれたお客様には)言っちゃいましたが・・

 

すみません。笑

 

わたくし、バセドウでした!

 

 

 

 

 

 

リウマチや掌蹠膿疱症が衝撃で大変すぎたため

 

今回、特に感想はなく・・。

 

「風邪」と言われたくらいの感覚でした。

 

 

 

 

 

ですが、バセドウと確定した瞬間、思うことが?

 

わたし、その症状しかないやん!

 

 

 

 

 

【バセドウの症状】

 

甲状腺が腫れる、倦怠感、動機、頻脈、微熱、手の震え

 

イライラする、よく食べる、体重減少、下痢、脱力感

 

抜け毛、汗が多い、目が出る、まぶたが腫れる・・etc

 

 

 

 

 

(体重減少、汗が多い、目が出る以外)

 

全部、う〜ビンゴ!

 

なのになぜ、わたしは気づかなかったのでしょう?笑

 

 

 

 

 

取り敢えず、バセドウは薬を飲めば治るそうなので

 

薬を飲むことにしました。

 

(めっちゃ迷いましたが。。)←往生際がワルイ

 

 

 

 

副作用があるので、その薬を飲むと2週間に1度は、血液検査をしないといけないみたいです。コワイ

 

なので、今後も病院通いでございます。

 

 

今、薬を飲んで1週間くらいですが

 

特に副作用と感じられるものはありません。ホッ♪

 

 

 

 

 

早期発見?

 

辻先生恐るべし!笑

 

疑って(噛みついて)すみません。

 

お礼を伝えに参ります♡

 

 

 

 

 

 

以上、只今の現状でございます。

 

 

足の症状とは関係ないと思うのですが

 

リウマチも掌蹠膿疱症もバセドウも自己免疫疾患なので

 

もしかしたら、何ならの影響があるかもしれない?

 

可能性は0ではないので、取り敢えず消去法で治して行きましょう。

 

とのことになりました。

 

また、何か変化があったら書かせてもらいますね。

 

いつも気にかけてくださり、本当にありがとうございます。

 

 

 

 

いつも最期まで読んでいただき、ありがとうございます♡

 

 

 

 

 

 

 

 


場違いな場所へ。

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

20170118_1837125.jpg

 

 

 

甲状腺・乳腺専門 高村クリニックの扉を開けると

 

病院とは思えない空間にビックリ・・

 

 

 

(サロンやないかーーーいっ!♡)

 

 

 

 

洗練された院内に感動〜〜〜♡

 

タカノユリニキタノカトオモッタゼ・・

 

 

 

 

 

突然現れた、杖をついてヨレヨレの(こちらの専門外であろう)わたしに

 

受付の方も、笑顔ではありますが頭の中は???

 

周りの患者さんの、一斉にわたしに向らけれた視線たち・・

 

 

 

(場違いな所に来てしもうたっ!!)

 

と感じるのは一瞬でした。笑

 

 

 

 

当然、受付の方も

 

どうしていいかわからなかったと思います。

 

(わたしもどうしていいかわかりません笑)

 

 

 

 

 

 

ですが、(そこまでして下さらなくていいですよ〜!)

 

というくらい、看護師さんに親切丁寧に対応して頂いて・・

 

 

 

 

ジ〜〜〜〜〜ン♡

 

 

 

 

 

 

 

そして、検査をする椅子も、フワンフワン・・♪

 

 

ゼンブヤサシスィ〜♡

 

ホントニココハビョウインカ?

 

 

思わず通いたくなる錯覚に襲われる病院に

 

ウットリ・・♡オイオイ

 

 

 

 

 

そして待合室で待っている間

 

バセドウ病の症状を検索。

 

 

 

(なんでバセドウやねん。心当たり全然ないし。

 

だいたい、目力強いなんて一回も言われたことないし

 

生き急いでるって、そもそも若い子に使うセリフやろ〜

 

いったいあたしを何歳やと思ってんねん・・ホンマハズカシイッチューネン・・ホニャララホニャララ〜)

 

 

 

 

そうやって、心の中でぶつくさ呟いていた

 

残念なわたしですが・・・。

 

 

 

患者さんに対しての配慮や想いが伝わってくるこの空間

 

笑顔が素敵な親切すぎる(ベテラン)看護師さんの対応に

 

やっぱりわたしは、ハッ・・・!!!!

 

とぜずにはいられないのです。

 

 

 

 

 

カチンコチンな脳みそが

 

優しさで溶けてゆくぅぅぅ〜♡

 

 

 

 

(辻先生だって、この一週間、わたしのことを考えてくれてたんだ・・・・ヤルヤン♡)←オイ

 

 

 

 

 

 

 

人というものは

 

「自分が間違ってた!」と思わない限り

 

凝り固まった考えや行動を、変えることはできません。

 

 

 

 

 

ここ(病院)は、本当に困っている人、助けて欲しい人が来る場所。

 

そんな人のために、誰もが一生懸命働いている場所。

 

そんな人のために、時間を使う場所。

 

 

 

 

 

周りから見ると誰よりも重症のわたしですが

 

心根は本当に失礼です。

 

 

 

 

(こんな元気な人間が、来る場所ではぬわいっ!)

 

 

 

 

 

今まで、病院に入った瞬間の周りの視線・・

 

そのとき感じた違和感が何であったかが

 

この時、はっきりと分かりました。

 

 

 

 

 

 

ちゃんと生きよう!

 

 

こんなんじゃダメだ!

 

 

もっと素直に!

 

 

もっとシンプルに!

 

 

もっと明るく!

 

 

 

 

 

 

この前、まーくんさんにも言われました。

 

病院にはいかない、薬は飲まないと

 

いつまでたっても頑ななわたしに

 

 

 

ま「ひとちゃんらしくないやん。西洋医学とか東洋医学とか民間療法とか

 

そんなん関係なしに、いいとこどりするんがひとちゃんやん。」

 

 

ひ「あっ!ホンマや!♪」

 

 

 

 

 

わたしは、二年前の成功体験が強烈すぎて

 

それが全てになっていたのです。

 

 

 

にも拘わらず、そこまで努力していないので

 

余っているエネルギーが他に向けられていた。

 

分かりやすい負の連鎖。笑

 

 

 

 

 

 

「自分が避けているものの中に

 

一番やらなければならないことがある」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを考えていたら

 

名前が呼ばれました。

 

 

 

いざ、診察へ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく。笑

 

 

 

 

 

 


ただただ。

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

 

 

おはようございます♪

 

朝は晴天でしたが、少しづつ薄暗くなってきました。

 

近畿地方もいよいよでしょうか。

 

通勤通学の皆さんは大丈夫でしょうか・・

 

 

 

今世紀最大みたいですね。

 

神様はそんなに掃除をしなければならなかったのですね・・

 

地球・・おかしいですもんね。

 

愛を叫んでいるような気がします・・

 

 

 

大きな被害になりませんように!

 

ただただ、祈るばかりです。

 

 

 

 

 

畑も・・

 

しょうがないですね。自然だから。

 

IMG_4078.JPG

 

昨日、まーくんさんに救出してもらった子たち♡

 

みんなみんな、どうか無事でいて下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 


なにそれ〜〜〜

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

 

 

つ「わかったんですよ!」

 

ひ「はぁ・・。」

 

つ「パセドウです!」

 

ひ「はぃぃっ!?」

 

 

ちょっとドヤ顔の先生と固まるわたし。そして・・

 

 

 

ひ「わたし眼球出てませんけど」

 

つ「眼球は出てませんが、あなたの目力の強さ。」

 

ひ「・・・・・」

 

 

つ「あなたの話し方とか、雰囲気とか。」

 

ひ(なにいってんの?)

 

 

つ「生き急いでる感とか。」

 

ひ(オイ!)

 

 

 

つ「その勢いとか。」

 

ひ(や〜〜め〜〜た〜〜げ〜〜て〜〜〜)

 

 

 

ひ「恥ずかしいんですけど」

 

つ「すみません」

 

ひ(あやまらんといて〜〜、余計恥ずかしわ!)

 

 

 

(てか、当たっとるやないかーい!)←高校生の時に「生き急いでる」と母に言われた

 

 

 

ひ「(腑に落ちないし自覚もないが)せっかちなのは当たってます・・」

 

つ「当たってる?(♪)」

 

ちょっと嬉しそうな先生。←占い師か!

 

 

 

 

その後、どーしてそう思ったのか他にも説明を受けましたが

 

もはや、何も入って来ません。笑

 

 

 

てか『断食(自然治癒能力)』はスルーで

 

『雰囲気』というものはOKなのか???

 

ここは病院だぞ。←オマエガイウナ

 

 

 

 

その人の雰囲気・・というのは病状と関係ありありです。

 

それは西洋医学、東洋医学、民間療法など関係なくあると思うのです。

 

マクロビでも望診法(ぼうしんほう)といって、その人の見た目で病状を診るというものもあります。

 

でも今回は、意味が違うような気がするのですが・・・。笑

 

 

 

 

遠慮なくガンガン言ってくる人は好きなので

 

話しやすく、患者側の話もよく聞いてくれる気が合う先生だと思っていたけれど・・。

 

やはり不信感が出てくるのは否めません。

 

 

 

 

1回目の帰り際

 

「もうそれ絶対掌蹠やわ!」と言っていた先生。

 

そして、自分は内科医だし、これからの治療のこともあるので、色んな検査をすると。

 

 

しかし2回目。

 

(パセドウなので)ここで検査はもうしない。

 

掌蹠も皮膚科の先生に聞いてくれ。

 

 

診察前に唾液の検査だけはしていたのですがそれも一言だけサラッと

 

つ「問題ありません」

 

ひ(当たり前や!)

 

 

 

「病院で治らないと言われた人」「医師に見放された人」「病院に行って悪化したひと」

 

そんな難病奇病の人々が、断食で治ったという例は枚挙にいとみません。

 

 

わたしもそんな本を百冊以上読んで、実行し体感しました。

 

(今まで溜め込んでいた毒素が、すんごいでてくるんですよ〜!♡)←溜め過ぎ

 

病気になる前より健康に!♡←しかしその後調子に乗る

 

 

歯医者にも2か月に1回は検診に行っているので←歯医者はラブ

 

唾液にも問題ないだろうとは思っていました。←検査をされて根に持っている

 

 

 

んが、今は、断食する気力が起きないので(自己管理ができないので)

 

病院に来てしまいましたが。笑

 

 

やはり自分で治さないとだめのかなぁ〜と感じつつあります。

 

 

こんなにも痛くて不自由で恥ずかしくて

 

周りのひとにも、こんなにも心配や迷惑をかけ大変な目にあっているというのに・・。

 

今のわたしには、かつての危機感(本気で治そう!というエネルギー)がありません。

 

 

治したい、治って欲しい・・という想いはあり

 

ちょこちょこと色んなことを試してはいるけれど。。(本来の努力に至らない)

 

 

なので、それを感じるために

 

そのために、病院にきたのかな・・・?

 

最期は、めっちゃ雑に扱われ。。。←怒鳴られたひと笑

 

やっとそう思うわたしでした。

 

チャーーンス!♡

 

 

 

 

 

今後は、甲状腺の専門医師に詳しい検査をしてもらい

 

その方向で、痛みをとりながら治療を進めていく。

 

という説明をしていただき。

 

 

つ「で、よろしいですね?」

 

ひ「はぁ・・。」

 

 

 

狐につままれたような感覚でしたが

 

わたしには頼れるものもなく、行くところもなく、従うしかありません。

 

(自分で努力できないので笑)

 

 

なのでもうこの際、トコトンみてもらおうじゃないか!♪

 

という気持ちにもなっていました。

 

 

 

 

 

そして専門医師への紹介状を書いてもらい、イザっ♪

 

 

同ビルの違う階にその高村クリニックはありました。

 

 

予約制でしたが、その足で行ってみることに。

 

 

 

つづく・・

 

 

 

 

 

 

いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


白紙っ!?

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

20170118_1837131.jpg

 

 

おはようございます♪

 

先週の月曜日、HIROクリニックで紹介してもらた

 

辻膠原病リウマチ科内科クリニックに行ってきました!

 

 

 

5月に開設したばかりのクリニックで、めちゃキレ〜

 

病院のイメージとは違う院内の雰囲気に、ちょっとホッ。

 

 

HPの写真の先生は、イメージとは違い

 

日に焼けてガッチリと引き締まった体つきの小柄な方。

 

ハッキリとモノを言う、チャカチャカした感じ。←ドンナカンジ?

 

 

診察も、一人一人の患者さんと向き合う時間を

 

長くとられているようにも感じました。

 

 

(なので予約システムを導入しているにも関わらず、待ち時間長っ!←50分時間経過

 

2回目行ったときは、動くこともままらななくて。

 

雑誌をとりに行くのもおっくうだったこともあり

 

上に大きなテレビが吊るされてあり(音声なし)

 

そこにふと目をやると、通販番組が流れていました。

 

 

最初は、ダイエット系のもので興味深げに観ていると、周りの女性陣も食い入るように。笑

 

その次に流れてきたのは、雑巾がけをするもの。

 

はい、わたくしめっちゃ食いつきました!

 

買った商品はコチラ←カッタンカーーイ

 

 

(ハァ〜♪いい買い物ができた♡)←ナニシニキタン?

 

喜んでいると、順番が回ってきました。

 

 

どーでもよすぎですみません。笑

 

 

 

 

 

 

以下、辻先生→つ わたし→ひ

 

 

ひ「お世話になります。宜しくお願いします。」

 

先生は、こちらに向くでもなく、坂井先生の紹介状とわたしのMIR画像を真剣にみつめ

 

 

つ「そんなに股関節悪いん?」

 

ひ「みたいですね・・。そんなに悪いんですか?」

 

 

つ「そ〜〜〜〜〜と〜〜〜〜わるいよ。」

 

ひ「それ、なんて書いてあるんですか?」

 

 

つ「ほにゃららほにゃららほにゃらら」←専門用語のようなものの羅列

 

ひ「ぜんぜん意味わりません」

 

つ「やろうな」

 

ひ(いやいや、わかるように説明しようよ)

 

 

ひ「股関節痛くないんですけど」

 

つ「え!?痛くないの?杖歩行やん」

 

ひ「杖はついてますが、今、股関節は痛くないんです」

 

つ「???????」

 

 

そして、問診をし、次にベットに寝て触診。

 

 

つ「足上げるよ。痛かったらゆってね。」

 

ひ「は〜い」

 

 

(にょーーーーーーーーん♪)←頭の上まで上がる勢い

 

 

つ「え!めっちゃ上がるやん!」

 

ひ「体めっちゃ柔らかいんです。」

 

ひ(いやいや、そういうことじゃなくて)←ジブンニツッコム

 

 

その後も、色んな曲げ方をされても曲がるし痛くない。

 

 

つ「ここまで股関節わるいのに、痛みもなくこんなに曲がるって???ドーユーコト?」

 

 

わたくし、また先生の頭にハテナを作ってしまいました。笑

 

 

 

その後も、問診やら画像をみたり

 

リウマチを断食で治したことや

 

酷かったときの掌蹠膿疱症の写メをみてもらったりと時間は過ぎてゆき・・

 

そして先生は言いました。

 

 

つ「リウマチではないです!」←キッパリ

 

ひ「はいぃ〜???」

 

 

 

リウマチは絶対に持っているので、せめてその治療だけでもしようと

 

思いかけていた矢先のことだったので、もうビックリもビックリ!!

 

 

 

つ「無治療でここまでなんにもなかった(リウマチの症状が体に出ていない)のはありえません!」

 

ひ「だから、断食で治したんですって。」

 

つ「それは関係ありません。」

 

 

ひ(出たよ〜〜〜。これやから病院来るのいややねん。西洋医学だけがすべてじゃないでしょ〜)

 

 

その後、先生と心の距離ができるわたし。←ワカリヤスイ

 

 

と思った瞬間(シマッタ!)←時すでに遅し。笑

 

 

ここは病院。

 

リウマチの専門医師に、わたしは何を言っているんだ。

 

 

「そーですか。それはよくがんばりましたね〜♪♪♪」

 

とでも言ってもらえると思ったのか!ヤッチャッタヨ〜

 

と思いながらも?

 

 

ひ「あ、でも甘いもの食べ過ぎたら出ることありました。」←シツコイ

 

つ「関係ありません!」

 

ひ(いや、関係ないことはないやろ!砂糖は炎症おこしますやん〜)←ダッタラタベナサンナ

 

 

断食論に熱くなるわたしに、横にいた看護師さんもタラリン。

 

 

つ「もし、それが関係あるとしたら、あなたの唾液の成分が問題なんでしょう。」

 

ひ「は?」

 

つ「次回、唾液の検査もします。」

 

ひ「はぁ・・。」

 

 

 

そして先生は!

 

 

つ「悪いですが、ぜんぶ白紙に戻しますね。」

 

ひ「へ?」

 

 

つ「リウマチでもない。膠原病でもない。

 

いったん、HIROクリニックの結果もなかったことにして、一から検査やり直します。」

 

ひ(ひぇーー!!血液検査の結果もMIRもなかったことですかー!?)

 

 

思わず笑ってしまいました。

 

 

 

つ「僕は内科医なので、内科の検査(心臓やX線・・etc)全部させてもらいます。

 

股関節は、造影剤を入れてもう一度撮り直します。いいですね。」

 

ひ「はぁ・・。」

 

 

 

リウマチを持っているので、リウマチと決めつけられるのが嫌で

 

今まで病院に行かなかったことも理由の一つにあるのです。

 

(この痛みは絶対にリウマチではない!!と確信していたので)

 

 

ですが、血液検査の結果も、本人の症状もあったのに?

 

あれもあるけどこれもある、という視点でいいのでは?

 

無治療で2年も何もないのはありえない、という先生の視点(プライド?)だけで

 

その判断はいかながものかと思いました。

 

(んが、ここに来た以上、一旦先生を信じます。)

 

違う視点を考えてくれたことは、ありがたかったので。

 

 

 

 

先生曰く、今の時点では、掌蹠膿疱症骨関節炎(しょーせきのーほーしょうこつかんせつえん)

 

の可能性が一番高いとのこと。

 

でも、掌蹠膿疱症骨関節炎の場合、治療法はないそうで・・。

 

 

つ「(やとしても)痛み止めしか治療法なないからなぁ〜」

 

ひ「痛み止めはいりません」

 

つ「はいはい」

 

 

 

その日は、謎のまま。笑

 

 

リウマチの専門医師にリウマチを全否定され。

 

次の週、たくさん検査をするということで、この日は終わりました。

 

 

 

そして一昨日、予約の日。←つーはんのひ

 

 

(今日はいっぱい検査するのか〜)と思い←チョットキンチョール

 

診察室に入って挨拶をし、椅子に腰かけると

 

先生はこっちを見て、ちょっと嬉しそうに

 

 

つ「わかったんですよ!あなたの症状が!」

 

ひ「はぁ・・。」

 

 

今日は検査をするものだとばかり思っていたので、なんだか拍子抜け。

 

と同時に、考えてくれてたんだ・・という嬉しさもあり。

 

 

 

そして先生は続けました。

 

 

 

その言葉はなんと!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく・・・笑

 

 

 

 

 

 

 


too much!

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

IMG_4037.JPG

 

おはようございます♪

 

歯抜けになっちゃってすみませんでした!

 

更新してない間も、覗いて下さってありがとうございます。ウレシイヨ〜〜〜♡

 

 

そして。

 

アクセス数が、なぜかアップしている不思議・・ビミョウ〜w

 

 

 

 

現在の状況です♪

 

リハビリに行った次の日から、悪化してしまい・・オ〜ノ〜

 

 

せっかく、楽に上がれるようになった階段も、ぜんぜん!

 

それどころか、普通の歩行まで最初の頃に戻ってしまったくらいの痛みで

 

動けなくなっていました。(動いてたけど・・笑)

 

 

まーくんさんにも

 

「まためっちゃ酷なってるやん!」

 

「頼むからじっとしてて!」と言われる始末・・オ〜ノ〜

 

 

 

なんとかここまで治ったのに、また振り出しに戻り

 

激痛と体力の消耗とともに

 

さすがにわたしの最強メンタルちゃんもやられそうでした。チャーンス!♡←ヘンタイ

 

 

 

 

 

どーして悪化してしまったのかというと?

 

 

『やりすぎ』

 

 

 

リハビリ(筋トレのようなもの)を5回やってくださいと言われ

 

「はーい!(×100だな♪)」

 

とほくそ笑むわたし。

 

 

 

『普通そうでしょ♪

 

言われたことを言われただけやっててもしょうがない。

 

その何倍もやって当たり前♪』

 

 

という自然脳が出来上がっているので

 

今の自分の体と脳みそのアンバランスさに、まったく着いて行っていないことを

 

この度、(不本意ながら)改めて感じさせて頂きました。チーン

 

いいもわるいも、習慣(思考)はそんなに簡単には治らないのです。笑

 

 

 

 

リハビリの先生も、(わたしの話し方や態度、質問の仕方で)何かを察知したのでしょう。←それは気づいた

 

 

「5回でいいから、ゆっくりやって下さいね。」

 

「絶対にそれ以上しないで下さいね。」

 

「何かあったら必ず連絡下さいね。」

 

 

何度も念を押されてました。笑

 

 

 

 

 

 

リハビリの帰り、久しぶりに寄ったパン屋さん。

 

愛してやまないRIKIさんのパンたちよ〜♡

 

IMG_4041.JPG

 

ヤッパオイシスギヤン〜♡

 

これを楽しみに、またリハビリ顔晴れそうです!

 

ほどほどにね。ハイハイ・・←オイ!

 

 

 

「やらない」

 

ことをがんばります。笑

 

 

 

 

 

 

 


本日は・・

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

 

 

おはようございます♪

 

 

今朝は、嵐の後の静けさが・・

 

昨夜はすごかったですね〜

 

2階が揺れてました。

 

こたろう選手も、ピッタリとわたしにくっついて離れませんでした。

 

梅ちゃんがいたら、きっと部屋の角で固まって壁と同化していたと思います。笑

 

みなさまは、大丈夫だったでしょうか。。

 

 

 

 

今朝は、倒れたオリーブを救出してくれたり・・

 

IMG_E4036.JPG

 

まーくんさんが後かたずけをしてくれています。

 

 

 

 

 

コタもホッとしたのか嬉しそう♪

 

IMG_4034.JPG

 

片付けの邪魔しておこられています。

 

でも楽しそう。笑

 

 

 

 

 

晴れの日には枝が伸び

 

雨の日には根が伸びる

 

 

 

 

 

今日は朝からHIROさんへ。

 

リハビリに行ってきます♪

 

 

 

 

 

いつもひとりで行くつもりでいるのですが

 

まーくんさんが送迎してくれて・・

 

申し訳ないなぁと思いながらも

 

本当にありがたいです。

 

いつも感謝。ありがとう。

 

 

 

 

今日も健やかに。ワッショーイ♡

 

 

 

 

 

 

 


移動〜♪

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

IMG_4014.JPG

 

整列〜♪

 

 

この子たちも、いちじひなん。

 

 

 

 

こっちは夜から朝にかけて、激しいみたいです。

 

お店できそうなので良かった♪

 

 

てか、どんな状況であろうと

 

お越し下さるんだろうなぁ・・・・・・・・・と思っていたので。笑

 

ホント、晴れてそうで良かった!エガッタエガッタ♡

 

 

 

 

風も強いので

 

皆様もお気を付け下さいませ。

 

各地で被害が大きくなりませんように・・

 

 

 

 

 

今から少しづつ

 

色んな子たちを避難させてゆきます。

 

まーくんさんが。笑

 

 

IMG_4018.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ざわわ〜

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

IMG_0013.jpg

 

ニン♡

 

 

 

 

おはようございます♪

 

台風接近中ですね〜

 

 

当サロンのお客様♡(コンナカッコッデズビバゼン・・)

 

危険だと察知された暁には、キャンセルしてくださいね〜

 

安全第一でございます!♪

 

 

 

 

では本日も(前祝い♪)

 

元気で健やかな一日を♡ワッショ〜イ♪♪♪

 

 

wwwFullSizeRender.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/101PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

profile

selected entries

categories

archives

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode