そのヒトサラ♪

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

IMG_0675.JPG

 

 

さてさて♪

 

食後のデザートは、佐々木家のお墓のすぐ裏手にある

 

「菊乃井」さんがプロデュースするカフェ

 

「無碍山房 Salon de Muge(むげさんぽう サロンドムゲ)」さんへ。

 

場所は、菊乃井さんの隣にあります。

 

菊乃井さんといえば、ミシュランガイドで三ツ星評価を10年連続で獲得していることでも有名な老舗料亭。

 

 

そんなこちらの「濃い抹茶パフェ」が食べたくてご訪問。

 

〜最高の宇治抹茶をぎょうさんいれました〜←メニューにこう書いています

 

お茶目♪

 

 

ひとくちパクリ。

 

濃いーっ!!笑

 

 

 

 

そしてもう一品。

 

IMG_0678.JPG

 

注文してから作ってくれる、できたてわらび餅。

 

 

 

 

 

IMG_0679.JPG

 

暖かくて、モッチモチ〜

 

ごちそうさまでした♪

 

 

 

 

 

散策が似合う街。

 

京都ってパリに似てるなぁ〜って密かに思ってるんです。

 

女一人旅・・ではないけれど「散策が似合う♪」という意味で。(それだけかいw)

 

 

昔ながらの長屋や由緒あるお茶屋さんなどが並ぶ古い街並みを歩くのが好きです。

 

路地裏にお洒落なカフェをみつけたり、好みの骨董品に出会ったり。

 

 

街並みは、見飽きるということもなく、何度行っても色んな発見があって楽しい。

 

冷静に自分を見つめなおすことを楽しめる街。

 

 

フランスにはフランス料理という世界中のひとに愛される伝統料理があり

 

京都には懐石料理という世界中から注目されている料理があります。

 

そんなところも、なんとなく。

 

ときに、パリの街中を散策していると錯覚しながら京都の街をあるいている自分に酔うわたし・・

 

・・・・・むりやりですね。書いてて気づきました。笑

 

 

 

 

 

 

さてさて、お話は変わりまして。

 

京都に行かれた際には、ぜひぜひ!!の美味しいお店をもう一軒♪

 

 

ぎをん森幸」さんから徒歩圏内で行ける「マルシン飯店」さん。

 

マルシン飯店さんは、酢胡椒で頂く熟成肉の餃子が有名なのですが

 

こちらの天津飯がほんとう〜〜に美味しくて!

 

わたしの人生を変えてくれた衝撃の一皿♪でもあるんです。

 

 

ひとそれぞれ、ハッとなる瞬間てありますよね。

 

ひとだったり、ものだったり、言葉だったり、出来事だったり・・そんな出会いの数々。

 

客観と俯瞰が同時にできる瞬間。

 

でも、なかなか具体的な行動は変わらない。

 

だけど、それを変えてくれる。変わる意識を持ち続けさせてくれるもの。

 

 

自分の人生が変がかわることって、大きな一歩を踏み出すことじゃないんですよね。

 

そんなの絶対続かない。続かないものは変わるわけもなく。

 

小さな一歩の積み重ねこそ、自分の自分の人生を変えてくれる大きな一歩。

 

 

思いもしなかった今の自分が気づきたかったこと

 

今の自分にとって大切なことを気づかせてくれて、小さな行動を変えさせて続けてくれたのが

 

わたしの場合料理・・が多いかなぁ。←また書いてて気づいたw

 

生徒さんから貰った、手作りのお味噌とか・・

 

人生を変えてくれたそのヒトサラ。(皿にはのってませんが)←どーでもええわw

 

 

 

 

すみません、また脱線しまくりですね。( ̄▽ ̄;)

 

そんなことはどーでもよくて・・

 

ただ、美味しいお店を紹介したかっただけなのに♪w(もちろんこじんてきこのみ!)

 

 

森幸さんの大海老の天ぷら、マルシン飯店さんの天津飯

 

超〜〜〜おすすめです♡

 

 

 

 

 

 


懐かしの味♪絶品大海老天!

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

 

IMG_0655.JPG

 

祇園さん。「ホンマ京都はええなぁ〜」

 

この「祇園さん」という響きだけで、気分ははんなり〜

 

 

 

「いいお天気だし、どこか行きたいね〜」

 

「日帰りができて、美味しい所がいいなぁ〜」

 

 

実家に行くついでではなく、一日能天気に!

 

今回は、そんな時間を京都で過ごすことに。

 

 

 

 

「ぎおん森幸」という老舗の広東料理屋さん。

 

IMG_0653.JPG

 

 

一見、中華料理屋さんにはみえぬ、その控えめな佇まい。

 

知らなければ、ぜったいに前を通り過ぎてしまうであろう

 

一方通行の細い道の奥まったところにあるのも、知る人ぞ知るという感じでそそられます。

 

 

 

まーくんさんが小さいころ、よくジジババに連れられていた懐かしのお店。

 

そのお婆ちゃまがただモノではなく

 

ザ・京都のお金持ちのお嬢さま!といった感じでしょうか。笑

 

数年前に大往生でお亡くなりになったのですが

 

それはそれは飛んでるハイカラなイケイケお婆ちゃまでした。

 

おじいさんもそうとう美食家だったようです。

 

そんなおじいさんとおばあさんが、普段使いによくいかれていた広東料理屋さん。

 

うまに決まっています!

 

 

 

はいってみると、本当にこじんまりとした庶民的な店内。

 

おそらくもう何十年と通っているような方ばかり。

 

みなさんお上品。

 

IMG_0649.JPG

 

運ばれてきたフカヒレスープ。

 

まずはその見た目にうっとり〜

 

 

美しく澄んだスープにフカヒレ、しいたけやら、溶き卵白が美しい。

 

しかもなんたるトロントロンさよ。

 

肉眼でみてもそのトロ〜ンが伝わってくるほど。

 

それが銀の味わい深い器に、並々と注がれています。

 

 

いつものように、まーくんさんがよそってくれたスープを一口ごくり。

 

「おいしぃぃぃ〜〜〜♡」

 

なんとお上品で優しい味なのだ。フカヒレもしっかりはいって具沢山。

 

 

上品の種類ってたくさんあるんだな〜

 

この美味しさがわかる大人になっていてよかった〜

 

 

味音痴だったわたしの幼稚な舌を鍛えてくれたまーくんさんに

 

しみじみ感謝しながら、熱々のフカヒレスープをズルズル〜

 

 

なんと翌朝のお肌はプルンプルンッでした!

 

アラフィフには嬉しすぎる副産物にオッホッホ〜♡

 

 

IMG_0651.JPG

 

そして、お待ちかねの大海老の天ぷら登場〜♪♪♪

 

 

見た目は本当にシンプル!

 

アッツアツの大きな海老の天ぷらに、すこし塩コショウをつけてガブー!

 

 

「お、お、お、いひぃぃぃぃぃ〜〜〜〜!!♡」

 

「ナニコレ〜〜〜!♡」

 

 

その美味しさに悶絶です。

 

まーくんさんも「な、美味しいやろ」と嬉しそうにニコニコ。

 

「うんうんうーんっ!♡」

 

「やっぱ来て良かったね〜♡」←こんな地味なところはイヤだと来る前は散々ブツクサいってた人w

 

 

IMG_0652.JPG

 

もはやわたしの知っている「海老の天ぷら」ではない!

 

「揚げ物」⇒「サックサク」⇒「うまい」

 

という固定観念がみごと崩されました。

 

 

その熱々の大きな海老天の衣は、なんとモッチモチ!♡

 

上〜〜〜品なんだけど、しっかりと味がついています。

 

 

塩と胡椒も、カルダモンかなにかが混ざっているのかな?

 

少し風味のあるスパイス。

 

そのままでも十分味がするのですが、これを少しつけるとまた違った味わいに♪

 

 

IMG_0650.JPG

 

そして春巻き登場〜♪♪♪

 

こちらも見た目シンプル!

 

 

そしてひとくちパクリ。

 

(う、う、う、うっまーーーーーい!♡)

 

 

感動を顔で表現。←騒いでいて周りの方々の寒い視線を浴びたためw

 

 

(な♪)

 

(うんうん!♡)

 

 

外はサックサク、中はふわふわの卵の生地に、ほのかに甘い下味がついていて

 

優しいのだけれどしっかりしたこの旨味よ!

 

ああ、表現下手ですみませぬ〜〜〜

 

 

ここに来るまで、わたしは中華の玉子春巻きは好きじゃない。

 

食感もふにゃふにゃしてて頼りなく

 

味も中途半端でなんだかよくわからんとさんざん言っていたのですが

 

そのたびに、まーくんさんは

 

「きっとひとちゃんが思ってる玉子春巻きと違うと思うよ」

 

といっていたのです。

 

 

んが!ここまで違うとは!

 

恐れ入りました。ハハァ〜

 

 

ああ・・。ホントわたしってなんにも知らないんだ〜

 

まーくんさんはこんな上品でうまいものを小さいころから食べていたのだな。

 

そりゃ舌がちがうわな。

 

改めて、自分のよーちさにうなだれます。

 

 

 

 

語学や思考の習得と同じで、大人が感覚を身に着けるには、まずは理屈から。

 

子供は感覚からですが、大人はやり方が逆なんです。

 

これが逆になるから、いつまでたっても習得できないんですね。

 

聞き流すだけで話せるようになるとかならないとか・・・のたぐいもそうですね。

 

(また長くなるので、このお話の続きはサロンでゆっくりと♪笑)

 

 

わたしは、一刻も早く舌を成長させたかったので、己の好みや習慣を捨て

 

まーくんさん軸で何年も訓練訓練♪

 

感覚がわからないことは、すぐに質問したり。

 

理屈を聞くと、なるほどな〜とわかることもあるし、・・・?

 

やはり、経験不足や視野の狭さから意味不明なことも。

 

 

でもそれを何年も重ねていくと、わからなかったことが感覚でわかるようになると

 

急に大人になれたような気になり、嬉しかったのです。

 

客観視は得意分野ですが、やはりそれだけでは厳しい・・

 

最近のわたしの深きテーマです。

 

得意なことが、実は自分の成長のじゃまをしているあるある。

 

なかなかすぐに忘れちゃいますが、なんとかもがきながらもがんばっています。笑

 

 

 

 

ただ「食べる」という行為だけでは終わらない。

 

舌の成長やお店を見る目。

 

それはわたしにとって、自分の小さな世界から脱出させてくれる大切なアイテムなのだ。

 

 

本物の美味しさという輝きは、多くの人の手によって生み出される。

 

そのことを知ると、更にその価値を考えさせられます。

 

成功と失敗を繰り返すなかで、自分の好みもわかってくる。

 

客観視と俯瞰視ができるようになる素晴らしさ。

 

やっぱりわたしにとって「美味しい」ってカッコイイ!

 

 

 

こんなにも庶民価格で美味しいものがいただけるなんて。

 

香港の星付きレストラン・・もう少し先でもいいかな♪

 

「今すぐ行きたい!」そんな浮遊霊が消えた瞬間でした。笑

 

 

はぁ〜、来てよかった〜♡(おい!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ああ、我が愛しの浮遊霊たちよ♪

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

IMG_0672.JPG

 

 

We are in HONG KONG〜!♡

 

 

・・・・・アレ?

 

九龍島?ではなく、五重の塔がわたしたちを歓迎してくれています!笑

 

 

 

 

ホントだったら、今ごろin香港〜♡

 

「これは!」と膝を叩くような美食体験を満喫しているはず・・

 

ローカル点心、星付き点心たち

 

ペニンシュラで生演奏をバックに、アフタヌーンティー

 

ああ、美味しいスコーンにサンドイッチ

 

この世のものとは思えないマンゴープリンにリッチなクッキーたちよ・・

 

 

香港がこんな大変なときだというのに

 

わたしときたら、いまだ未練がチラリと顔をだし。

 

ホントしつこいなぁ。キライジャナイケド・・

 

 

 

「ひとちゃんニュースやってるで〜」

 

香港のニュースがはじまると、お風呂にいても飛び出して

 

テレビの前に鎮座。←もちろんタオル巻き巻き

 

 

そしてまた、悲しい気持ちになったりイカリを覚えたり、、

 

やっぱり祈ることしかできないのですが、本当に心配。

 

心情穏やかになることはありません。

 

また熱くなってきたー!

 

香港のお話はこの辺でやめておこう。

 

 

 

 

 

それはさておき。

 

本当に心を配らなくてはならないのは、わたし自身だ。

 

 

わたしの中のハイテンションだったこの子たち。

 

行き場を失ったエネルギーたちを解放し

 

成仏させてあげないと

 

良からぬ方向に行くのは、もはや想像にも及ばない。

 

 

ザンネンなことは

 

意識することを忘れて、無意識エリアに入ってしまうことだ。

 

ワタシヨイソグノジャ〜

 

ソレ〜〜〜

 

 

 

 

とまぁ、こんなことは日常しょっちゅう起こること。

 

この切り替え、というか観察がめちゃめちゃ好きなのですが

 

今回はエネルギーが高すぎて、ちょっとてこづっています。

 

 

 

 

で、なんの話をしているのかというと?

 

いつもサロンでお話を聞かせて貰っている皆さまは、すぐにピンとくると思うのですが

 

最近受講された方は、まだまだ???

 

が多いと思うので、わかりやすくお話させてもらいますね!

 

 

 

 

例えば。(お化けのお話ではありませんよ。簡単な心理学&脳科学のお話です)

 

 

日本人と欧米人で宗教が違う→死生観が違う

 

なのでそれらをコトバにしたものも違うという理屈なんです。

 

 

欧米のsoulとbodyが切り離されている考え方。

 

「bodyはあくまでもbodyであって、臓器が変わってもsoulは変わらない」

 

という意識が日本人よりはるかに強いのです。

 

 

なので、「人」というものをひとつに考えている日本人は

 

脳死や臓器移植に対しいてとても厳しいですが

 

欧米諸国ではそうではない。

 

代理出産に対してもそうですよね。

 

 

 

それとおなじで、感情を手放せないひとの頭の中は

 

「感情」=「わたしのもの」

 

変わることへの恐怖は自分をなくすこと。

 

傷ついた気持ち=わたしが傷つけられた

 

という風に、脳が理解してしまう「習慣」をもっています。

 

 

このように「わたしのもの」と抱え込んでいるひとのエネルギーの使い方の特徴としては

 

・消耗(誰かや何かを責めている、やる気を失う)

 

・ひとの生活費を払う

 

家族を養う・働けない人を助けるというものではなく、働けるのに働かない人、稼ぐよりも使う人(ギャンブルや浪費癖)です。

 

・ナゾの壺を買うetc・・

 

 

とこれはあくまでも統計ですが

 

自分の「すききらい」ではなく、「ベキネバ」でエネルギーを使ってきたひと。

 

 

被害者意識が根底にある思考は

 

こういうことにお金、時間、想いというエネルギーを使ってしまう傾向があります。

 

そこで、自分の承認欲求を満たそうとしたり、幸せになれると思ってしまうのですね。(習慣という無意識のエリア)

 

もちろん、これは「ダメ」でもなんでもないんですよ〜♡

 

 

 

与えたものが返ってくる。

 

自分も楽しくない、相手の成長をとめる=幸せ♡

 

という図には永遠になりませんよね。

 

その逆です。

 

 

 

なので、どんなに贅沢だと思われようが、しょーもなと思われようが

 

自分にとっての大好きなものにエネルギーを注いだほうがええよ♪byカミサマ♡

 

というのは、そいうことなんですね。

 

※自分=自分の大切なひと・もの・こと

 

 

ちなみに、ここでの大きな誤解は、ベキネバが自分の大好きだと思っていると

 

幸せの一方通行になって、「ぼっち」が返ってきます。ヤダ〜〜(涙)

 

じぶんの憧れに正直に生きたとき、そこに繋がる幸せは無限大です。

 

 

 

きちんと文法を学べば英語がわかりやすいように

 

きちんと思考様式の違いを学び、実感できることは

 

自分をよりよく生かすための大きなヒントでもあるのです。

 

 

 

 

で、このことに気づいちゃったらさぁ大変!

 

自分を含め、ひとを責めたり、悩んだり、愚痴っている暇はありませぬ〜

 

 

※「わたしの話を聞いてほしい」「慰めてほしい」「優しくされたい」というのは

 

あくまでも自分の素直なきもちの「提出」であって、無駄な時間ではありません。

 

(ここで気にするのは自分の人生の「主語」がだれなっているか。)

 

出発点が明確になるとその後の行動が決まります。

 

 

わかったところでねぇ、難しいですよね。

 

わたしもできません。笑(おい!)

 

 

前に進むために「思考を整理する」という吐き出すという行動も、必要な時間です。

 

※メンタルトレーニングとは具体的な行動(提出)の積み重ねです。

 

 

 

 

ちょこちょこつづく・・

 

 

 

 

 

 

 

 


えっちらおっちら♪

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

IMG_0666.JPG

 

 

まーくんさんにしっかりと手を握ってもらい(介護です)

 

この日も京都の街をたくさんあるきました。

 

ホント、坂や階段が多いな。えっちらおっちら。

 

この後、美味しいご飯が待っていると思うと

 

ものすご〜くがんばってしまいます。

 

もちろん、その後あっか・・・・

 

 

 

 

「むりしたらあかんで。」

 

「ゆっくりしとくねんで。」

 

一日に何度この言葉をいわれるでしょう。

 

 

そしてもうひとつ、それ以上に言われるのが

 

「調子に乗ったらあかんで。」

 

もう耳がホタテだ。

 

 

 

「ひとちゃんはすぐ調子にのるから。」

 

いやいや、わたしから「お調子者♪」をとったら何が残るというのだ。ケッシテエバッテイルワケデハゴザイマセン

 

 

もはやそれは「わたし」ではない別の人。

 

「わたし」ー「調子に乗る」=「完璧♡」になりますけどいいの?←なりません

 

どんどんつまんないやつになっちゃうよ〜〜

 

それでもいいの〜〜〜?←マッタクオドシニナッテナイ

 

 

誰にだってザンネンなところはある。

 

ひとには苦手なことや欠点があるからこそ

 

他の人に出番がまわってくる。

 

そうやって、世の中人と人が助け合って励まし合って生きているのだ。

 

 

 

もちろんいいとは思っていなし、なんておバカな奴なのだと嘆くことも多いけれど

 

こんなわたしが愛しくてしょうがない。

 

バカな子ほど可愛いというアレです。

 

昔の人はいいことをいうもんだな。

 

気が楽になる。ホホホ♡

 

 

 

 

「わたしを完璧にしようとするのはやめろ。」

 

と、理屈っぽいわたしはいちいち反論。

 

(もしくは聞こえないふり)

 

 

まずは、わたしがダメなわたしを愛してやらなきゃ。

 

ダメなわたしを愛せるのはわたしだ。

 

そしてそれを守るのはあなた♡(おい!)

 

 

 

わたし軸LOVEなわたしですが

 

やはり、そうはいってられらない素敵な巡り合わせゴロゴロ。

 

ハッ!とさせられること多し、、

 

「ようちですがナニカ?」

 

そんなわたしを成長させてあげたくなる出会い。

 

 

あるとき、ふと、わたしが憧れていた人を思い出しました。

 

今から10年ほど前、47歳にして突然留学した大好きなひと。

 

そんな年で、まだ自分を成長させたいのかと思うものなのかと、、

 

すごいエネルギーだなと思ったのですが

 

わたしも今そのひとと同じ年齢になり

 

50歳を目前に、諦めることがあるからこそ、やっぱり諦めたくないことがみえてくる。

 

でもこれって「見よう」としないかぎり、見えないものでもあるのですね。

 

諦めるからそこで終わり・・・

 

そんな単純なものではないのですね。

 

 

 

「一番大切なもの」という目的に向かって足したり、引いたり。

 

サボリとマネージメント(自己管理)の違い。

 

褒められているのか、見捨てられているかの違い。

 

 

その奥深さ、かけ違いや、ぼんやりしていた点と点が繋がる瞬間、、

 

良かれと思って意気揚々なわたしとのご対面。

 

もうキミを守るのをやめるね♪

 

外の世界をみておいで♪

 

手放すことは寂しいことではありますが

 

なんと清々しいのでしょう〜

 

痛いけど、やっぱりこの感覚大好きやわぁ。

 

 

これを感じたくて

 

今日という日もえっちらおっちら♪

 

 

 

 

 

 


幸せなストレス♪

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

IMG_0662.JPG

 

ど〜も〜♪

 

ザンネンなひとです、、w

 

反面教師にしてもらえる材料が山ほどあるので

 

たとえ話がしやすくてよかったです!

 

 

 

・・・・涙。

 

 

 

 

 

 

 

わたしってしょせんこの程度なのだ。

 

こんなにも毎日練習してるにもかかわらず

 

いざとなったら、動けない。

 

なんの反応もできなかったぞ。ショボン

 

 

いや、それどころかキモイことを考え

 

幸せの箱の中♡

 

現実を目の当たりにし、そんな自分にガックシ、、

 

 

 

 

いや、でも、まてまて?

 

「アンナニモ?」

 

・・・・・たいして何もしていないぞ。笑

 

 

 

 

 

 

確かに、がんばっていた時期もあったけど?

 

あのまま続けていれば

 

今頃はこんなしょんぼりではなかったハ、、ズ、

 

 

 

 

いま、実際にやっていることといえば

 

簡単に言えること。

 

ちょっと意識すれば言えること。

 

 

 

 

 

本当に自分が伝えたいことがあるときは

 

紙に書いて、なんどもなんども反復練習をし

 

そしていざ「言うぞ!」

 

と準備万端にしたにもかかわらず

 

焦って、言いたいことの半分も言えなーーい!

 

 

 

これが現実だったのだ。

 

なにも、しょんぼりすることはない。笑

 

 

 

 

 

 

この数か月、呼吸が浅くなっていることに気づきました。

 

何やら肺もくるしいし、心臓もいたい。

 

 

もちろん、過剰防衛からですが

 

箱庭にいずぎて、もろくこわれやすくなっています。

 

 

 

緊張のあまり、息をするのを忘れてる。

 

気づいたら

 

深くゆっ〜くり呼吸をするようにしてあげています。

 

 

 

 

 

何かを決めると、そのための気持ちの維持が

 

めんどうに感じることがあります。

 

自信がわいたり失ったり

 

気持ちのアップダウンも激しくなります。

 

 

 

そんな思いをしてまで、やらなくていいのでは?

 

そこまで苦しい思いをするのなら

 

自分のできる範囲でやっていれば

 

はるかに楽なのです。

 

 

 

 

 

でも、もうやなんです。

 

 

 

 

 

胃が痛くなる思いをしても

 

キンチョールで気絶しそうになっても←オオゲサw

 

それを乗り越えた後の、達成感や喜び

 

自分の自由がそこにあることを知っているから。

 

 

 

他のことで取り繕っても

 

じぶんの大好きなことや必要なこと

 

 

他では得られがたい感覚は

 

やっぱりこれなんだと

 

わたしはちゃんと知っているのです。

 

 

 

 

そして、それを繋いでくれるものは

 

胃が痛くなるようなストレス。笑

 

 

 

 

わたしに幸せを運んできてくれるストレスに

 

ブラ〜ボ〜!♡♡♡

 

 

 

 

 

 

 

 


国内にいても♪

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

IMG_0663.JPG

 

ニン♪

 

今回は、お墓参りを兼ねてのお遊び京都〜♪

 

 

8月も来ているのですが

 

何度来てもヨカヨカ。

 

ご先祖様もよろこんでいるでしょう〜w

 

 

 

 

 

佐々木家のお墓は高台寺さんにあり

 

ただでさえ異国のひとが多い京都。

 

この辺りをお散歩していると、清水寺付近ではもはや日本人はみあたりません。

 

 

神戸ではアジア系観光客や、インド系住民の方々が多くみられますが

 

京都はやはり、金髪系、スペイン系の方々が多く

 

すれ違うたびに、ちょっとドキドキ。

 

 

 

 

(あ、わたしってこの人たちから見たら、外国人なんだよな〜)

 

(わたし日本人ですよ〜〜)

 

(声かけてくれてもいいですよ〜)←オマエガイケヨ

 

(羨ましいと思われてるのかな〜〜〜?フフッフ〜♡)

 

ひとり静かに興奮。

 

 

 

 

 

幼き日から、母に洗脳?していただいたおかげで

 

海外への憧れも強く

 

総じてコンプレックスもひとしお。

 

 

 

 

異様な憧れのせいで

 

妄想がキモイ、、

 

 

 

 

 

 

「いまやで、話しかけな♪」

 

まーくんさんに即されても

 

 

「ウ、ウン・・」←コエチッチャ!

 

「デモ・・ダッテ・・・」←ゴチャゴチャウルサイ

 

 

 

できれば向こうから来てほしい。笑

 

家ではへーきで英語でしゃべっているくせに

 

喋っているところを見られるのは恥ずかしい。

 

 

 

 

 

自信のなさゆえ

 

かまってちゃん。

 

 

 

 

 

見た目はおとな、頭脳はおこちゃま♪

 

メイタンテイヒトチャン!

 

 

 

 

・・・・・ああ、なんとめんどくさい大人なのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

自意識過剰の箱庭の中。

 

わたしにとって幸せな場所であり

 

一方通行の過剰防衛

 

もろくこわれやすい

 

あやうすぎる場所でもあります。

 

 

 

 

 

 

あさて。

 

 

海外から帰ってきたときの

 

内から溢れて止まらないパワ〜

 

 

 

 

 

思考の解放感!

 

 

 

 

 

安定を作りたい。

 

安心したい気持ちは強く抱きながらも

 

その一方で、そこで得られる安心感に勝る

 

「変化への憧れ」。

 

 

 

 

 

すごく不安になるかもしれないけれど

 

目から鱗の発見がある。

 

 

 

 

これまで知らなかった感情(わたし)に出会える感覚は

 

本当に気持ちのいいものです。

 

 

 

 

それはもう

 

国内にいても外国にいても変わらないのですよね。

 

 

 

 

 

大好きなものってひとそれぞれ。

 

ひとと比べるものでもないし

 

比べられるものでもありません。

 

 

 

 

 

飛行機がこわくても、海外に興味がなくても

 

がんばる方向があっていれば

 

そのひとに合った無意識のエリアが

 

ちゃんと用意されているのです。

 

 

 

 

 

 

あ、さいご困惑ですね。笑

 

またサロンで♪!(^^)!

 

 

 

 

 

 


気持ち悪くて正解!?♡その4

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

 

IMG_0400.JPG

 

 

(パカッ)

 

 

Wow〜

 

なんと美しいフランボワーズの赤、、もさることながら

 

この身の詰まり方!ミッチリ♡

 

お店の方の愛をかんじます。

 

 

 

 

 

 

 

先日、お客様が台北から帰国♪

 

 

點水樓(ディエンシェインロウ)さん行ってきましたー!♡!

 

トリュフの小籠包めっちゃ美味しいかったですー!(≧▽≦)キャーキャー」

 

 

「でしょでしょー!♡!(≧▽≦)キャーキャー」

 

 

 

 

お客様もわたしも

 

「ディエンシェインロウ」の漢字よめませんがw

 

 

 

 

 

 

「どこそこの、どこそこに行ったんですよ〜( *´艸`)」

 

「え〜そうなんですね〜(≧▽≦)ワカルワカル」

 

 

 

 

「ネギ餅食べちゃいました♪( *´艸`)」

 

「あんまりやったでしょ?( ̄▽ ̄;)」

 

「ハイ・・・(^^;」

 

 

 

 

 

そんな何気ない会話も

 

海を渡ればとっても新鮮♪

 

 

 

 

 

台湾がラブすぎて

 

もう7回くらい行かれているらしいのですが

 

(小籠包センパイと呼ばせて頂きます!♡w)

 

 

 

 

 

「最近香港にも興味がでてきて〜♡(≧▽≦)キャーキャー」

 

 

「え〜、そうなんですか〜!!

 

香港いいですよね〜!!♡♡♡(≧▽≦)キャーキャーキャー」

 

 

 

 

 

タノヒィィィ〜♪♪♪(≧▽≦)ワッシャッシャッ〜♡

 

 

 

 

 

 

やっぱり、海外旅行の醍醐味は

 

内からあふれ出る

 

ナゾのパワーではないでしょうか。笑

 

 

 

 

 

 

突然、目の前の目標を失い

 

な〜んかスッキリしない日々を

 

悶々とすごしていましたが、、トオイメ

 

 

 

 

共有と共感という擬音語(キャーキャーキャー♡)は

 

わたしにとって

 

何よりのストレス解消法です。笑

 

乙女のラブパワーに救われました!

 

 

 

 

 

たくさんのお土産もありがとうございました。

 

小籠包先輩!

 

またもりあがりましょう〜〜♡

 

 

 

****

 

 

本当はちゃんとできるんです。

 

わかってるんです。

 

でも「余裕」がなくなるから

 

パニクッってしまいできなくなるだけ。

 

 

 

 

 

 

 

「余裕」の作り方は「慣れ」。

 

 

 

 

「余裕」というものは

 

がんばってつくれるものでもありません。

 

むしろ逆。

 

 

 

 

 

「慣れ♪」は回数です。

 

 

 

 

100点なんてとらなくていいから

 

10点でも20点でもいいから

 

あるがままの自分をみてもらう。

 

(提出→チェック)

 

 

 

 

 

そうすると

 

わからない→つまらない

 

=「不安」は消えます。

 

 

 

 

 

 

そもそも

 

ポジティブやネガティブ

 

いいわるい

 

という二元論でかんがえること自体がおかしいのです。

 

 

 

 

わたしも、書くときはわかりやすいように

 

この言葉で表してしまっているので

 

な、なんですが、、(おい)

 

 

 

 

サロンでお話させていただくときは

 

クライアント様や生徒様には

 

このことを一番に落とし込めるように

 

そのひとのそれぞれに

 

一番合った方法でお話させて頂いています。

 

 

 

どうしても、この表題(二言語だったり)からの印象だけだと

 

思考が内にこもってしまうんです。

 

 

んが、難しいですよね。(^^;

 

なので、ゆっくりゆっくりいきましょう〜♪♪♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「余裕」といのは

 

自分の大好きに素直になれること。

 

 

 

 

 

 

意地をはらず

 

他力を使えばいい。

 

 

 

 

 

 

「つまらない」のは

 

相手でもなく出来事でもなく

 

「わたし」です。

 

 

 

 

 

 

複雑にしているのは自分で

 

大好きといると思考がどこまでも

 

素直にシンプルになります。

 

 

 

 

 

 

「がんばらないでいると親になる」

 

 

 

 

 

 

あやふやにすると「不安」なことも

 

不安のメカニズムを

 

「明確」にしてしまうと不安がなくなります。

 

 

 

 

 

 

めんどくさいけれど、お恥ずかしいけれど

 

そもそもアウトプットを忘れそうになるけれど、、

 

 

 

「アウトプットに慣れる♪」

 

 

 

ことをクセずける訓練のための訓練は

 

本当に大切だなぁ〜とわたし自身も日々感じていていながらも

 

つい頭の中で完結させてしまいます。

 

 

 

最近言われて

 

ホントそうだなぁ〜と思ったので

 

自分に言い聞かせる意味でも

 

書かせてもらいました。(おい!w)

 

 

 

 

 

 

長々といつも最後まで読んでいただき

 

ありがとうございます♡♡♡ラブ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 


どーでもいいこと♪

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

 

 

 

「ちょっと〜、じょーだんはよしこちゃぁ〜ん!」

 

 

 

突然ですが。笑

 

これ、英語でなんで言うかわかります?

 

 

 

 

 

えっと・・・

 

「冗談」やから「joke」で〜

 

「よしこちゃん」はそのままの「よしこちゃん」で〜

 

「あなたが言ったこと」やから「what you said」で〜

 

だから繋げたら〜〜〜?

 

 

よし!わかった!

 

こうや♪

 

 

 

「Joke is YOSHIKOchan what you said!」

 

(じょーくいずよしこちゃんふぁっどゅせっ!)

 

 

 

 

いや、ちゃうか・・

 

「よしこちゃん」は、ミス・・・?

 

いや、よしこちゃん結婚してるかもしれへんしなぁ?

 

じゃぁ、ミセスよしこちゃん??

 

あ、ちゃんはいらんか・・

 

てか、どっちかわからんから

 

あ、ミズや!

 

 

あ、そやそや

 

「ちょっと〜」を忘れとったわ。

 

「ちょっと」は「just」で〜〜

 

 

 

 

って、どーーーーでもええわっ!!(笑)

 

 

 

 

これ、英語では。

 

 

 

「Come on!」

 

(かも〜〜ん!)

 

 

 

以上です。

 

 

 

ひとことでいいんですよね。

 

大事なのは、言い方で

 

ただ「カモン」だと

 

「じょーだんはよしこちゃん。(-_-)」

 

 

・・・・て真顔で言われたら、めちゃこわいです。

 

 

 

 

気にするのはここ。

 

それに「カモ〜ン」の前に

 

「Hey〜!(へ〜い!)」をつけると更にスムーズ♪

 

拘るのは、言い方や表情で合って文法や単語じゃない。

 

 

 

てか、そもそも

 

「かも〜〜〜〜ん!」

 

なんて恥ずかしくて言えなーーーい!(*ノωノ)

 

 

「へ〜〜い!」なんて 

 

絶対ムリムリムリ〜〜〜〜!!(*ノωノ)

 

イッショームリヤロ・・( ̄▽ ̄;)

 

 

 

 

 

 

【日本語脳をぶっ壊し、英語脳を作る!】

 

 

いまわたしが一番意識していることなのですが

 

そもそも、ぜんぜん違うのです。

 

文法(語順)が真逆。

 

 

だから、日本語で直訳すると

 

不自然すぎる英語になることも

 

日本人のわたしには

 

そこを気にしていることに違和感はなく。

 

 

よしこちゃんがミスなのかミセスなのか

 

ジャストをつけた方がいいのかどうか

 

ちゅーとはんぱにわかった気になっている部分もあることで

 

どんどんことが大きく、複雑になっていきます。

 

 

「じょーくいずほにゃらら〜」

 

そもそもが違うことに気づかないので

 

そこから抜けだせるわけもありません。

 

 

 

 

 

「自分で考えない♪」

 

 

「慣れる♪」

 

 

このことを忘れない努力を忘れない訓練を

 

日々積み重ねています。(もちろんすぐに忘れますw)

 

 

 

 

 

「カモ〜ン」なんていつつかうねん・・( ̄▽ ̄;)

 

そんな不自然極まりない言葉や文法を

 

積極的に使うことで、日本語脳を壊し、英語脳をつくる。

 

それが、なりたい自分(自由)になる

 

最短の道のひとつ♪

 

 

 

 

 

そしてこれは、耳がホタテになるくらい聞く話なのですが

 

他にも英語を話せない人の特徴で

 

「a」と「the」の違い。

 

 

これを気にするあまり

 

前に進まないひとが多すぎるのだそうです。

 

( ̄▽ ̄;)パシカニ

 

 

 

ネイティブの人や、話せる人からみると

 

どーでもいいことを気にしすぎ。

 

 

( ̄▽ ̄;)ウッ・・

 

 

 

 

どーでもいいわけではないけれど

 

わからなければ、そこは「エ」って言ってればいいそうです。

 

(エ゛!ソンナコトデイイノ!?)

 

 

 

 

そんなことたぁどーでもよくて

 

「あ」と「ざ」を間違うよりも

 

それが気になって、前に進めないことや

 

口から出ない(行動できない)ことが問題なんだそうです。

 

 

 

( ̄▽ ̄;)ウッ・・

 

 

 

 

 

「え゛っ!そんな発想でいいの〜♪♪♪」

 

めっちゃトキメイタにも関わらず

 

いざとなったら、そこでつまづくのがわたしです・・フフ

 

 

あっているのかどうか気になって

 

その先に気が回らない。

 

間違ったまま先に進むことが気持ち悪くて仕方ありません。

 

「ダメ探し♪」もしみ込んでいます。笑

 

 

 

 

 

 

「カモン」に慣れるのに半年・・

 

「あ」と「ざ」をスルーしてもいい感覚が理解できるのに

 

ん十年・・( ̄▽ ̄;)フ〜

 

 

 

 

カマヘンカマヘン♪

 

 

 

 

 

 

で、突然なんでこんな話をしたかというと?

 

(わたしのポンコツっぷりを披露したいわけではございません・・)

 

 

そもそも、ポジティブなひとネガティブなひとのベースは真逆です。

 

そしてこの「ベース」の意味も感覚も

 

そもそも理解出来ていません。

 

 

 

なので、そのひと(思考)が自分で考えることは

 

やっぱり大げさになったり

 

複雑になってしまうことが特徴としてあります。

 

(もちろんダメでもなんでもなくて♪)

 

 

 

 

なので

 

どうしたら思考の仕組み、訓練の大切さがわかるようになるかなぁ〜

 

どうしたら深刻にならず、間違い探しではなく

 

もとあるベースが拘るところではなく

 

もっと気軽に♪楽しく♪誰かや何かを責めることなく♪

 

簡単にゲーム感覚で

 

ときには、ズタボロになりながらw

 

「自分の思考(行動)を変える」

 

という感覚が伝えられるかなぁ〜と日々試行錯誤・・

 

 

そしたら、今朝「よしこちゃん!」が閃いたので

 

これは「気持ち悪くて〜4」に行く前にシェアしたい!

 

と思って急いで書きました!

 

 

しょーもなすぎてすみません・・( ̄▽ ̄;)ヘヘヘ

 

 

 

 

 

 

え?ひとみさんのような強いハートの持ち主になりたい?♡

 

え?そうじゃなくて?ナニナニ?♡

 

滑り続けても懲りずにしゃべり続けるメンタルがすごいって?

 

 

 

 

 

(涙)

 

 

 

 

 

 

 


気持ち悪くて正解!?♡その3

 

IMG_0402.JPG

 

 

みどりのまるまるちゃんたち。

 

 

 

ヒャ〜ヒャ〜ヒャ〜♡

 

 

 

 

***

 

 

「課題」→「提出」

 

この作業を繰り返す。

 

 

 

 

はいそうです。

 

あの有名な、、、

 

 

 

「アウトプット♪」

 

 

 

 

一番〜〜〜〜大事なことです。

 

 

 

 

 

 

ここを通らずして

 

ひっそりできるようになる・・♪ムフフ

 

なんてことはまずありません。

 

 

 

 

 

 

例えば、

 

英語が話せるようになるためには

 

段階があります。

 

 

 

初心者さんがすること

 

中級者さんがすること

 

上級者さんが・・と。

 

 

 

 

まず、何も知らない初心者さん(わたし)が点火した時

 

(やっぱ英語はなせるようになりたい!!♡)

 

必ずやっていたことは?

 

 

単語やフレーズ集をたくさん覚えたり

 

リスニングをたくさんしようとしたり

 

ひたすら書いて覚えようとしたり・・

 

 

 

 

 

はい。

 

ぜ〜〜〜んぶ必要ありません。

 

 

 

 

 

「人生無駄なことはない」

 

という視点でみると

 

ムダではないのですが。笑

 

 

 

 

 

 

わたしがここでしたいのは

 

人生勉強ではなく

 

英語が話せるようになること。

 

 

 

 

 

「目的」かつ「目標」が明確な場合

 

遠回り、効率が悪い

 

とわかっていることをしようとするのは

 

もはや意味不明。

 

 

 

 

完全に目的が変わっています。

 

 

 

 

 

例えば、(・・・例えいります?w)

 

 

 

 

 

目標は

 

・英語がスラスラ話せるようになりたい。

 

・字幕なしで映画をみれるようになりたい。

 

 

 

でも、やっていることは?

 

 

「じぶんの気持ちいい状態を保つこと♪」

 

 

 

 

 

 

「話せるようになりたい♪」

 

と言いながら、やってることは

 

「覚える」ことばかりです。( ̄▽ ̄;)

 

 

 

 

 

「手紙がかけるようになりたい♪」

 

という目的なら

 

これでいいのでしょうが・・

 

 

 

一切しゃべってません。笑

 

 

 

 

 

 

「圧倒的に話す量が少なすぎる」

 

というのも、いつまでたっても話せない理由のひとつだそうです。

 

 

 

言われたら

 

「そりゃそうだ!」「ごもっとも!」

 

ってなるんですけどね。笑

 

 

 

 

 

ホント、こんな当たり前のことすら気づかないって

 

おもしろいですよね〜

 

ヒャヒャッヒャ〜

 

 

 

 

 

あと、教えて貰うまで知らなかったのですが

 

聞き取れるようになるためには

 

「言えるようになる」ことがまず、なんです。

 

 

 

 

なので、いくら学校の成績がよかろうがTOEICで高得点とろうが

 

会話ができないひとが多いんです。(って!)

 

 

 

 

 

もちろん、語彙をたくさん覚えて

 

「THIS  IS  A  PEN!」

 

(でいす  いず あ ぺん!)

 

 

と、東洋の堅陣のごとく

 

はっきり&どっしりと話しても

 

相手はがんばって理解してくれると思います。

 

(モゴモゴしてるのが一番よくないらしい)

 

 

 

 

ちゃんとカタカナ英語でも、はっきり言えば通じるそうです。

 

安心ですね。笑

 

 

 

逆に、流暢に話そうとするあまり、何言ってるか余計わからないから

 

もうそうなったら、東洋の堅陣さんのように

 

はっきり&どっしり

 

堂々と言ってくれた方がいいそうです。(^^;

 

 

 

 

 

でも、こんな話し方をしてたら

 

一生聞き取ることはできません。笑

 

 

なので、初心者さんがすることのひとつに

 

「リエゾン」をてってーてきに慣れる(声に出す)

 

というのがあります。

 

※リエゾン:ご興味があれば調べてください<(_ _)>

 

 

 

 

 

さんはいっ♪

 

 

「英語は言えれば聞き取れる!」

 

 

これが初心者さんの基本です。

 

 

 

 

 

 

というわけで、違う方向に行けば

 

迷子になるのは当たり前です。

 

 

知ってる道なのでなおさら

 

たどり着かないことに困惑します。笑

 

 

 

 

 

 

なので、だれになにをいわれようが

 

どーおもわれようが

 

しょーもな〜、そんなんしたいん?とか思われようが

 

「自分がどうなりたいのか」を明確にするのがファーストステップ・・

 

 

が終わってるとして、お話すすめます。

 

 

 

 

 

 

そうそう!で、←まだあるんかい!

 

 

 

初心者さんのレベル・・というのは

 

勉強してきた、やってきた年数。=ではありません。

 

 

習ったことが、「パッ!」とでるか。

 

すぐに反応できるかどうか、です。

 

 

 

 

 

「勉強してきた年数♪」=「迷子の期間♪」

 

 

 

 

(*^▽^*)

 

 

 

 

 

この子に出会えると

 

変なプライドも頭でっかちも自然に消滅します。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

では、やっと続きへ!

 

ホント、前置き長すぎですみません(^^;

 

たとえ話が楽しくて前に進まん・・w

 

 

 

 

 

・間違ってもいいから、見せる。

 

・今の自分の現状をみてもらう。

 

 

 

 

 

で、なんでこれが大事かというと?

 

「慣れる」ためなんです。

 

 

 

 

 

 

 

つづく・・・。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

追伸

 

パソコンでみてくださっているみなさまへ。

 

文字の大きさが突然かわり読みづらくなっていてすみません。

 

なんでだろう?笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


気持ち悪くて正解!?♡その2

 

IMG_0376.JPG

 

 

ロゴのデザインいつみても可愛い〜♡

 

なんでフクロウなんだろ〜?

 

フクロウファンカシラ?♡

 

 

 

 

 

・・・ちがいますね。

 

 

 

 

 

幸せの象徴♡

 

お店の方の愛を感じます。

 

 

 

フルーツパフェ大福とおなじく

 

めっちゃ癒されます〜♡

 

 

 

 

***

 

 

雑音にしか聞こえなかった英語が

 

ある日突然

 

ハッキリ!その瞬間に!パッと!

 

日本に訳さなくとも、字幕を見なくとも

 

何を言っているのか理解できるようになってたのです。

 

 

 

むしろ、英語が聞こえてから、日本語たどる・・

 

ことも少なくはなく。

 

多くもないけど。ドナイ?w

 

 

 

 

で、何が言いたいのかというと

 

「継続は力なり!」

 

ということです。

 

 

 

 

あっちこっちで

 

「しっとるわ!」のツッコミありがとうございます。笑

 

 

 

 

 

 

 

(またお話ぶっ飛びますが)

 

現代の最悪の病気って何かご存じですか?

 

 

 

 

 

「今日の最悪な病気はハンセン病でも結核でもなく

 

むしろ自分は不必要な存在だという気持ちである。」

 

by マザー・テレサ

 

 

 

 

 

 

 

 

「マザーテレサの『マザー』って、

 

どういう意味なんだろう?」

 

て思ったことないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「テレサ母さん。」

 

 

 

 

( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

・・・・はい、違います。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あさて。

 

 

 

 

人が言語を話すときは、二つのパターンがあります。

 

ヽ个┐燭海箸鬚靴磴戮

 

考えたことをしゃべる

 

もちろん、両方大事。

 

 

 

 

 

何か聞かれても

 

「エ、エット〜〜アノ〜〜ソノ〜〜〜〜〜〜〜・・・・」

 

では、誰も待ってくれないし

 

ネガティブな人がいくら自分で考えてポジティブな反応をしようとも

 

残念ながらネガティブな発想しかでてきません。

 

 

 

 

 

例えば

 

タクシーを呼んでもらいたいとき

 

「Can you call me a taxi?」

 

訳:わたしのことをタクシーって呼んでくれる?

 

 

 

 

おしい!笑

 

 

 

 

 

他にも、日本人がよく使う

 

「Please」

 

 

 

 

実は「プリーズほにゃらら〜」

 

という言い方は、すごく失礼にあたることが多々あるんですって。

 

それさえ言ってればとりあえず、お行儀がいい・・というか

 

丁寧と思っていただけに、めちゃめちゃ衝撃で恥ずかしかったです。

 

エ、マジッスカ・・( ̄▽ ̄;)←連発してたひと

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょこちょこ、英語での例え話が登場しますが

 

「初心者さんが英語を話せるようになる方法♪」の話ではなく

 

ネガティブなひとがポジティブになるためのお話です。

 

はじめてご訪問していただき

 

期待された方がいらっしゃたらすみません・・。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

ポジティブなひとと、ネガティブなひとは

 

そもそも言語(思考)体系がちがうので

 

自分で考えたことをどんなに工夫しても

 

ポジティブなひとが考えている視点にはならないんですね。

 

 

 

 

第二言語を覚える時と同じで

 

どんなにたくさんの単語やフレーズ集を覚えようが

 

リスニングをがんばろうが

 

「パッ!」とその瞬間に

 

言いたいことが言えるわけではないのです。

 

 

 

 

 

例えば、日本語は主語を必要としない言語です。

 

動詞だけでOK♪

 

でも、英語は「主語+動詞」で出来ています。

 

これが基本です。

 

 

 

だから、いくら日本語を自分の中で組み立てたとしても

 

英語になることはまずありません。

 

 

例えば

 

この自分が考えている日本語を英語にしたら〜とか

 

考えたりしません。

 

「ら〜〜〜〜」なんて考えている間に

 

会話がもう次に進んでいます。

 

 

 

 

要するに、自分で考えている時点で

 

マイナスの波動は出続けています。

 

もちろんダメではないのですが

 

とめたいですよね。

 

 

 

プラス思考(波動)を出すことはできなくとも

 

せめて、マイナスの波動は一刻も早く。

 

 

 

 

 

 

それには、どうすればいいか?

 

 

 

まずは意味が分からなくとも

 

教えて貰ったことを

 

てってーてきに言える(やれる)ようにする。

 

 

 

 

 

大事なのは

 

 

「パッ!」

 

 

瞬間に反応できるようになること、です。

 

 

 

 

だいたい、自分が腹を立ててるとき

 

いじいじしてしまうとき

 

楽しくない感情のとき

 

というのはパターンが決まってます。

 

 

 

 

なので、「わたしの思い」「わたしの考え」を

 

大切にしたいのは山々なのですが

 

ポジティブな人は、そーいうときに

 

最も大切にしないもの。

 

というのが基本です。

 

 

 

 

ポジティブな人がそんなときにすることを

 

そのままそっくり、真似をする。

 

自分の路線でいかない。

 

 

 

 

これこそがまさに!

 

 

「きもちわる〜〜〜〜〜」です。笑

 

 

 

 

 

ピンチの時に

 

 

「チャァァァ〜〜〜ンス♪」

 

 

なんて叫べないっ!

 

(むしろ言いたくなーーーーい!)

 

 

 

 

 

違和感あり過ぎて、怖いですよね。笑

 

 

 

 

「ほんとにこんなこと言っていいの?」

 

「ぜんぜんチャンスでもなんでもないんですけどー!」

 

「そんなこと言って、わたしホントに大丈夫?」

 

 

 

 

めっちゃわかります。

 

不安になりますよね。

 

 

 

 

でもこれ実は、不安・・・

 

というよりも

 

「気持ち悪い」

 

という気持ちの感覚のほうが強いのです。

 

 

 

 

「感じたことと同じことを思うのが当たり前」

 

というのが人の常でしょうか。

 

 

 

 

慣れていないと気持ちが悪い。

 

 

 

 

 

でも!

 

気持ち悪くて大正解!!♪♪♪

 

 

 

 

「気持ちいい」⇒「何も変わってない」

 

 

 

ここに戻っちゃぁダメなんです!

 

あ、もちろん本気で変わりたければ・・です。

 

 

 

 

 

大丈夫です!

 

意味はあとからついてきます。

 

 

 

 

なので、その心配をするよりも

 

「見えない成長の積み重ね」を継続することに

 

エネルギーを費やすことを意識を傾ける。

 

 

 

 

 

ポイントは「継続」ですよね。

 

きしょくわるいことってなかなか続かないです。

 

 

 

「見えない成長の積み重ね」=「きしょくわるいこと」

 

を続けるポイントは?

 

 

 

 

 

『先生』

 

がいるかどうか。

 

 

・途中でアドバイスをもらえるひと

 

・チェックしてくれるひと

 

この二点をしてくれるひとがいるかどうか。

 

 

 

 

ひとの思考は

 

「わからない」→「つまらない」→「不安」

 

「つまらない」ものは、続くわけがありません。

 

 

 

 

 

 

続かなくて当たり前。

 

 

心が弱いわけでも

 

意思が弱いわけでもないのです♪

 

 

 

 

 

 

つづく・・。笑

 

 

 

 


| 1/110PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

profile

selected entries

categories

archives

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode