優しいお花。

JUGEMテーマ:日々のくらし

IMG_2763.JPG

 

 

梅ちゃんが亡くなったのを知ってすぐ

 

お隣のMさんが「梅ちゃんに」とお花を持ってきてくれました。

 

 

見た瞬間、号泣。

 

温かくて。

 

 

 

 

 

もちろん前から存じていますが

 

なんて優しい方なんでしょう。

 

 

 

 

お花の彩も優しくて。ウルウル

 

 

 

 

 

 

若いのに、お子さん3人いて

 

しかも一番下のお子さんは、生まれたばかり!

 

(二人のお兄ちゃんたちも年子のような・・)

 

 

 

 

 

しかも、Mさん犬が苦手だったんです。

 

でも、すごく気にかけて下さったり

 

可愛がってくれていました。

 

 

 

 

 

 

この状況。そしてこの気持ち。

 

わたしだったら、出来ただろうか・・。

 

 

 

 

 

 

人間力の高さを

 

引越してきたころから

 

日々、感じさせてもらっていました。

 

 

 

 

若いのに・・

 

年齢って関係ないですね。

 

 

 

 

 

 

お花を頂いたとき

 

わたしは仕事で受け取れず。

 

 

 

なので、終わるとすぐに

 

(泣きじゃくりながら)

 

Mさん宅にお礼を言いに、飛んでいきました。

 

 

 

 

(ピンポーン)

 

 

 

 

出てきてくれたのが、まさかの旦那さん!笑

 

まだ梅ちゃんが亡くなったばかりなので

 

わたしの情緒は不安定MAX!です。

 

 

 

 

おいおいと泣きじゃくりながら

 

「ありがとうございました!!ありがとうございました!!」

 

という隣の奥さんに

 

さぞかし、ご主人様もお困りになった事と思います。

 

 

 

 

 

それも伝えながら。笑

 

おいおい泣きながら。笑

 

泣きすぎて、何言ってるかわかんなかったと思いますが。笑

 

 

 

 

ご主人も、本当にいい方なので

 

申し訳なかったです。。

 

 

 

 

そして後方から、一番上のお兄ちゃん(R君)も顔を出し

 

「ねーねー♪なんで泣いてるの〜♪」

 

 

 

 

大人(隣のおばちゃん)がえらい泣いているので

 

ちびっこ君には

 

さぞかし面白かったでしょう。笑

 

 

 

 

別の日、Mさんに出会ったとき

 

MさんがR君に、梅のことをと伝えたら

 

 

「梅ちゃんお腹空いてるの〜?」

 

 

「梅ちゃんご飯食べたら生き返るんじゃないの〜?」

 

 

「お水飲んだら生き返るんじゃないの〜?」

 

 

 

って言ったそうなんです。笑笑笑

 

 

 

 

 

なんて可愛いんだ。

 

子供の発想って平和でいいな・・♡

 

 

 

 

 

Mさんは

 

「なので、もしR(君)が失礼な事いったらすみません・・」と。

 

 

 

 

 

 

ゼンゼンッ!!

 

むしろ力が抜けて

 

幸せな気持ちにさせてもらいました。

 

 

 

 

 

ご近所さんって選べない。

 

だからこそ、こんな素敵なご家族が

 

お隣さんでいてくれることが

 

本当にありがたいです。

 

 

 

 

 

 

 

話変わります・・。

 

十年以上前、同じ状況がありました。

 

友人が可愛がっていたワンちゃんが亡くなって。

 

 

愚痴や泣き言など一切言わないその友人が

 

わたしの目の前で涙を流していました。

 

 

 

その時わたしは、その気持ちが理解できず

 

そんな気丈な友人が泣いていることにビックリしてしまい

 

友人が辛い時に、肝心なことを

 

何一つ出来ないでいました。

 

そのことを、今でも本当に後悔しています。

 

 

 

 

 

 

「ペット」という位置付けって、傍から見たら本当に難しいです。

 

飼っている人からすれば、我が子同然だし、話が出来ない分むしろそれ以上かもしれません。

 

でも飼っている人、飼っていない人、関係なく

 

その温度の感じ方は人それぞれ。

 

経験しないとわからないことの方が多いです。

 

 

 

 

 

 

だからこそ

 

こんなにも優しい気持ちを頂けたことで

 

すごく勉強になりました。

 

 

 

 

 

気を使いすぎるのもよくない。

 

 

 

 

 

自分が臆病だったり

 

自信がないと

 

重いことだと察知したとき

 

避けてしまいそうになります。

 

 

 

 

 

見て見ぬふり。

 

もちろん、それも優しさの一つ。

 

 

 

 

 

でも真正面から来てくれた方が

 

救われる時もある。

 

 

 

 

むずかしいですね。

 

 

 

 

 

結局は、どっちにしても

 

それが自然にできるのは、「人間力」。

 

だと昔から感じていて。

 

 

 

 

 

お客様にも素晴らしい人間力の方がいらっしゃるのですが

 

人間力が高い人って

 

「めんどくさい」とか「その時の気分で」とか

 

余計なモノがない。

 

 

 

 

 

言葉や行動がストレート。

 

回りくどくない。

 

それでいて、温かくて柔らかで

 

そして大きくて。

 

 

 

 

 

そんな方とお話をさせて貰っているだけで

 

わたしなんかは、自分の悩みなど

 

あまりにもちっぽけなことに感じて

 

無敵になれるのです。

 

 

 

 

囚われがなくなると

 

サクサクと行動できるようになるので

 

やはり素敵な人のキラキラパワーに

 

ひれ伏すしかありません。

 

 

 

 

 

 

わたしも、イザというときには

 

相手の立場になって

 

優しい人なれるように努力しよう。

 

 

 

 

 

優しさって

 

すごいことをすることじゃなくて。

 

 

 

悲しんでいる人の傍に

 

ただ、寄り添うだけでいいんです。

 

 

 

「憂」の隣にいる「人」=「優」

 

 

 

 

 

IMG_2765.JPG