場違いな場所へ。

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

20170118_1837125.jpg

 

 

 

甲状腺・乳腺専門 高村クリニックの扉を開けると

 

病院とは思えない空間にビックリ・・

 

 

 

(サロンやないかーーーいっ!♡)

 

 

 

 

洗練された院内に感動〜〜〜♡

 

タカノユリニキタノカトオモッタゼ・・

 

 

 

 

 

突然現れた、杖をついてヨレヨレの(こちらの専門外であろう)わたしに

 

受付の方も、笑顔ではありますが頭の中は???

 

周りの患者さんの、一斉にわたしに向らけれた視線たち・・

 

 

 

(場違いな所に来てしもうたっ!!)

 

と感じるのは一瞬でした。笑

 

 

 

 

当然、受付の方も

 

どうしていいかわからなかったと思います。

 

(わたしもどうしていいかわかりません笑)

 

 

 

 

 

 

ですが、(そこまでして下さらなくていいですよ〜!)

 

というくらい、看護師さんに親切丁寧に対応して頂いて・・

 

 

 

 

ジ〜〜〜〜〜ン♡

 

 

 

 

 

 

 

そして、検査をする椅子も、フワンフワン・・♪

 

 

ゼンブヤサシスィ〜♡

 

ホントニココハビョウインカ?

 

 

思わず通いたくなる錯覚に襲われる病院に

 

ウットリ・・♡オイオイ

 

 

 

 

 

そして待合室で待っている間

 

バセドウ病の症状を検索。

 

 

 

(なんでバセドウやねん。心当たり全然ないし。

 

だいたい、目力強いなんて一回も言われたことないし

 

生き急いでるって、そもそも若い子に使うセリフやろ〜

 

いったいあたしを何歳やと思ってんねん・・ホンマハズカシイッチューネン・・ホニャララホニャララ〜)

 

 

 

 

そうやって、心の中でぶつくさ呟いていた

 

残念なわたしですが・・・。

 

 

 

患者さんに対しての配慮や想いが伝わってくるこの空間

 

笑顔が素敵な親切すぎる(ベテラン)看護師さんの対応に

 

やっぱりわたしは、ハッ・・・!!!!

 

とぜずにはいられないのです。

 

 

 

 

 

カチンコチンな脳みそが

 

優しさで溶けてゆくぅぅぅ〜♡

 

 

 

 

(辻先生だって、この一週間、わたしのことを考えてくれてたんだ・・・・ヤルヤン♡)←オイ

 

 

 

 

 

 

 

人というものは

 

「自分が間違ってた!」と思わない限り

 

凝り固まった考えや行動を、変えることはできません。

 

 

 

 

 

ここ(病院)は、本当に困っている人、助けて欲しい人が来る場所。

 

そんな人のために、誰もが一生懸命働いている場所。

 

そんな人のために、時間を使う場所。

 

 

 

 

 

周りから見ると誰よりも重症のわたしですが

 

心根は本当に失礼です。

 

 

 

 

(こんな元気な人間が、来る場所ではぬわいっ!)

 

 

 

 

 

今まで、病院に入った瞬間の周りの視線・・

 

そのとき感じた違和感が何であったかが

 

この時、はっきりと分かりました。

 

 

 

 

 

 

ちゃんと生きよう!

 

 

こんなんじゃダメだ!

 

 

もっと素直に!

 

 

もっとシンプルに!

 

 

もっと明るく!

 

 

 

 

 

 

この前、まーくんさんにも言われました。

 

病院にはいかない、薬は飲まないと

 

いつまでたっても頑ななわたしに

 

 

 

ま「ひとちゃんらしくないやん。西洋医学とか東洋医学とか民間療法とか

 

そんなん関係なしに、いいとこどりするんがひとちゃんやん。」

 

 

ひ「あっ!ホンマや!♪」

 

 

 

 

 

わたしは、二年前の成功体験が強烈すぎて

 

それが全てになっていたのです。

 

 

 

にも拘わらず、そこまで努力していないので

 

余っているエネルギーが他に向けられていた。

 

分かりやすい負の連鎖。笑

 

 

 

 

 

 

「自分が避けているものの中に

 

一番やらなければならないことがある」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを考えていたら

 

名前が呼ばれました。

 

 

 

いざ、診察へ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく。笑