気持ち悪くて正解!?♡その2

 

IMG_0376.JPG

 

 

ロゴのデザインいつみても可愛い〜♡

 

なんでフクロウなんだろ〜?

 

フクロウファンカシラ?♡

 

 

 

 

 

・・・ちがいますね。

 

 

 

 

 

幸せの象徴♡

 

お店の方の愛を感じます。

 

 

 

フルーツパフェ大福とおなじく

 

めっちゃ癒されます〜♡

 

 

 

 

***

 

 

雑音にしか聞こえなかった英語が

 

ある日突然

 

ハッキリ!その瞬間に!パッと!

 

日本に訳さなくとも、字幕を見なくとも

 

何を言っているのか理解できるようになってたのです。

 

 

 

むしろ、英語が聞こえてから、日本語たどる・・

 

ことも少なくはなく。

 

多くもないけど。ドナイ?w

 

 

 

 

で、何が言いたいのかというと

 

「継続は力なり!」

 

ということです。

 

 

 

 

あっちこっちで

 

「しっとるわ!」のツッコミありがとうございます。笑

 

 

 

 

 

 

 

(またお話ぶっ飛びますが)

 

現代の最悪の病気って何かご存じですか?

 

 

 

 

 

「今日の最悪な病気はハンセン病でも結核でもなく

 

むしろ自分は不必要な存在だという気持ちである。」

 

by マザー・テレサ

 

 

 

 

 

 

 

 

「マザーテレサの『マザー』って、

 

どういう意味なんだろう?」

 

て思ったことないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「テレサ母さん。」

 

 

 

 

( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

・・・・はい、違います。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あさて。

 

 

 

 

人が言語を話すときは、二つのパターンがあります。

 

ヽ个┐燭海箸鬚靴磴戮

 

考えたことをしゃべる

 

もちろん、両方大事。

 

 

 

 

 

何か聞かれても

 

「エ、エット〜〜アノ〜〜ソノ〜〜〜〜〜〜〜・・・・」

 

では、誰も待ってくれないし

 

ネガティブな人がいくら自分で考えてポジティブな反応をしようとも

 

残念ながらネガティブな発想しかでてきません。

 

 

 

 

 

例えば

 

タクシーを呼んでもらいたいとき

 

「Can you call me a taxi?」

 

訳:わたしのことをタクシーって呼んでくれる?

 

 

 

 

おしい!笑

 

 

 

 

 

他にも、日本人がよく使う

 

「Please」

 

 

 

 

実は「プリーズほにゃらら〜」

 

という言い方は、すごく失礼にあたることが多々あるんですって。

 

それさえ言ってればとりあえず、お行儀がいい・・というか

 

丁寧と思っていただけに、めちゃめちゃ衝撃で恥ずかしかったです。

 

エ、マジッスカ・・( ̄▽ ̄;)←連発してたひと

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょこちょこ、英語での例え話が登場しますが

 

「初心者さんが英語を話せるようになる方法♪」の話ではなく

 

ネガティブなひとがポジティブになるためのお話です。

 

はじめてご訪問していただき

 

期待された方がいらっしゃたらすみません・・。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

ポジティブなひとと、ネガティブなひとは

 

そもそも言語(思考)体系がちがうので

 

自分で考えたことをどんなに工夫しても

 

ポジティブなひとが考えている視点にはならないんですね。

 

 

 

 

第二言語を覚える時と同じで

 

どんなにたくさんの単語やフレーズ集を覚えようが

 

リスニングをがんばろうが

 

「パッ!」とその瞬間に

 

言いたいことが言えるわけではないのです。

 

 

 

 

 

例えば、日本語は主語を必要としない言語です。

 

動詞だけでOK♪

 

でも、英語は「主語+動詞」で出来ています。

 

これが基本です。

 

 

 

だから、いくら日本語を自分の中で組み立てたとしても

 

英語になることはまずありません。

 

 

例えば

 

この自分が考えている日本語を英語にしたら〜とか

 

考えたりしません。

 

「ら〜〜〜〜」なんて考えている間に

 

会話がもう次に進んでいます。

 

 

 

 

要するに、自分で考えている時点で

 

マイナスの波動は出続けています。

 

もちろんダメではないのですが

 

とめたいですよね。

 

 

 

プラス思考(波動)を出すことはできなくとも

 

せめて、マイナスの波動は一刻も早く。

 

 

 

 

 

 

それには、どうすればいいか?

 

 

 

まずは意味が分からなくとも

 

教えて貰ったことを

 

てってーてきに言える(やれる)ようにする。

 

 

 

 

 

大事なのは

 

 

「パッ!」

 

 

瞬間に反応できるようになること、です。

 

 

 

 

だいたい、自分が腹を立ててるとき

 

いじいじしてしまうとき

 

楽しくない感情のとき

 

というのはパターンが決まってます。

 

 

 

 

なので、「わたしの思い」「わたしの考え」を

 

大切にしたいのは山々なのですが

 

ポジティブな人は、そーいうときに

 

最も大切にしないもの。

 

というのが基本です。

 

 

 

 

ポジティブな人がそんなときにすることを

 

そのままそっくり、真似をする。

 

自分の路線でいかない。

 

 

 

 

これこそがまさに!

 

 

「きもちわる〜〜〜〜〜」です。笑

 

 

 

 

 

ピンチの時に

 

 

「チャァァァ〜〜〜ンス♪」

 

 

なんて叫べないっ!

 

(むしろ言いたくなーーーーい!)

 

 

 

 

 

違和感あり過ぎて、怖いですよね。笑

 

 

 

 

「ほんとにこんなこと言っていいの?」

 

「ぜんぜんチャンスでもなんでもないんですけどー!」

 

「そんなこと言って、わたしホントに大丈夫?」

 

 

 

 

めっちゃわかります。

 

不安になりますよね。

 

 

 

 

でもこれ実は、不安・・・

 

というよりも

 

「気持ち悪い」

 

という気持ちの感覚のほうが強いのです。

 

 

 

 

「感じたことと同じことを思うのが当たり前」

 

というのが人の常でしょうか。

 

 

 

 

慣れていないと気持ちが悪い。

 

 

 

 

 

でも!

 

気持ち悪くて大正解!!♪♪♪

 

 

 

 

「気持ちいい」⇒「何も変わってない」

 

 

 

ここに戻っちゃぁダメなんです!

 

あ、もちろん本気で変わりたければ・・です。

 

 

 

 

 

大丈夫です!

 

意味はあとからついてきます。

 

 

 

 

なので、その心配をするよりも

 

「見えない成長の積み重ね」を継続することに

 

エネルギーを費やすことを意識を傾ける。

 

 

 

 

 

ポイントは「継続」ですよね。

 

きしょくわるいことってなかなか続かないです。

 

 

 

「見えない成長の積み重ね」=「きしょくわるいこと」

 

を続けるポイントは?

 

 

 

 

 

『先生』

 

がいるかどうか。

 

 

・途中でアドバイスをもらえるひと

 

・チェックしてくれるひと

 

この二点をしてくれるひとがいるかどうか。

 

 

 

 

ひとの思考は

 

「わからない」→「つまらない」→「不安」

 

「つまらない」ものは、続くわけがありません。

 

 

 

 

 

 

続かなくて当たり前。

 

 

心が弱いわけでも

 

意思が弱いわけでもないのです♪

 

 

 

 

 

 

つづく・・。笑

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

profile

selected entries

categories

archives

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode