ああ、我が愛しの浮遊霊たちよ♪

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

IMG_0672.JPG

 

 

We are in HONG KONG〜!♡

 

 

・・・・・アレ?

 

九龍島?ではなく、五重の塔がわたしたちを歓迎してくれています!笑

 

 

 

 

ホントだったら、今ごろin香港〜♡

 

「これは!」と膝を叩くような美食体験を満喫しているはず・・

 

ローカル点心、星付き点心たち

 

ペニンシュラで生演奏をバックに、アフタヌーンティー

 

ああ、美味しいスコーンにサンドイッチ

 

この世のものとは思えないマンゴープリンにリッチなクッキーたちよ・・

 

 

香港がこんな大変なときだというのに

 

わたしときたら、いまだ未練がチラリと顔をだし。

 

ホントしつこいなぁ。キライジャナイケド・・

 

 

 

「ひとちゃんニュースやってるで〜」

 

香港のニュースがはじまると、お風呂にいても飛び出して

 

テレビの前に鎮座。←もちろんタオル巻き巻き

 

 

そしてまた、悲しい気持ちになったりイカリを覚えたり、、

 

やっぱり祈ることしかできないのですが、本当に心配。

 

心情穏やかになることはありません。

 

また熱くなってきたー!

 

香港のお話はこの辺でやめておこう。

 

 

 

 

 

それはさておき。

 

本当に心を配らなくてはならないのは、わたし自身だ。

 

 

わたしの中のハイテンションだったこの子たち。

 

行き場を失ったエネルギーたちを解放し

 

成仏させてあげないと

 

良からぬ方向に行くのは、もはや想像にも及ばない。

 

 

ザンネンなことは

 

意識することを忘れて、無意識エリアに入ってしまうことだ。

 

ワタシヨイソグノジャ〜

 

ソレ〜〜〜

 

 

 

 

とまぁ、こんなことは日常しょっちゅう起こること。

 

この切り替え、というか観察がめちゃめちゃ好きなのですが

 

今回はエネルギーが高すぎて、ちょっとてこづっています。

 

 

 

 

で、なんの話をしているのかというと?

 

いつもサロンでお話を聞かせて貰っている皆さまは、すぐにピンとくると思うのですが

 

最近受講された方は、まだまだ???

 

が多いと思うので、わかりやすくお話させてもらいますね!

 

 

 

 

例えば。(お化けのお話ではありませんよ。簡単な心理学&脳科学のお話です)

 

 

日本人と欧米人で宗教が違う→死生観が違う

 

なのでそれらをコトバにしたものも違うという理屈なんです。

 

 

欧米のsoulとbodyが切り離されている考え方。

 

「bodyはあくまでもbodyであって、臓器が変わってもsoulは変わらない」

 

という意識が日本人よりはるかに強いのです。

 

 

なので、「人」というものをひとつに考えている日本人は

 

脳死や臓器移植に対しいてとても厳しいですが

 

欧米諸国ではそうではない。

 

代理出産に対してもそうですよね。

 

 

 

それとおなじで、感情を手放せないひとの頭の中は

 

「感情」=「わたしのもの」

 

変わることへの恐怖は自分をなくすこと。

 

傷ついた気持ち=わたしが傷つけられた

 

という風に、脳が理解してしまう「習慣」をもっています。

 

 

このように「わたしのもの」と抱え込んでいるひとのエネルギーの使い方の特徴としては

 

・消耗(誰かや何かを責めている、やる気を失う)

 

・ひとの生活費を払う

 

家族を養う・働けない人を助けるというものではなく、働けるのに働かない人、稼ぐよりも使う人(ギャンブルや浪費癖)です。

 

・ナゾの壺を買うetc・・

 

 

とこれはあくまでも統計ですが

 

自分の「すききらい」ではなく、「ベキネバ」でエネルギーを使ってきたひと。

 

 

被害者意識が根底にある思考は

 

こういうことにお金、時間、想いというエネルギーを使ってしまう傾向があります。

 

そこで、自分の承認欲求を満たそうとしたり、幸せになれると思ってしまうのですね。(習慣という無意識のエリア)

 

もちろん、これは「ダメ」でもなんでもないんですよ〜♡

 

 

 

与えたものが返ってくる。

 

自分も楽しくない、相手の成長をとめる=幸せ♡

 

という図には永遠になりませんよね。

 

その逆です。

 

 

 

なので、どんなに贅沢だと思われようが、しょーもなと思われようが

 

自分にとっての大好きなものにエネルギーを注いだほうがええよ♪byカミサマ♡

 

というのは、そいうことなんですね。

 

※自分=自分の大切なひと・もの・こと

 

 

ちなみに、ここでの大きな誤解は、ベキネバが自分の大好きだと思っていると

 

幸せの一方通行になって、「ぼっち」が返ってきます。ヤダ〜〜(涙)

 

じぶんの憧れに正直に生きたとき、そこに繋がる幸せは無限大です。

 

 

 

きちんと文法を学べば英語がわかりやすいように

 

きちんと思考様式の違いを学び、実感できることは

 

自分をよりよく生かすための大きなヒントでもあるのです。

 

 

 

 

で、このことに気づいちゃったらさぁ大変!

 

自分を含め、ひとを責めたり、悩んだり、愚痴っている暇はありませぬ〜

 

 

※「わたしの話を聞いてほしい」「慰めてほしい」「優しくされたい」というのは

 

あくまでも自分の素直なきもちの「提出」であって、無駄な時間ではありません。

 

(ここで気にするのは自分の人生の「主語」がだれなっているか。)

 

出発点が明確になるとその後の行動が決まります。

 

 

わかったところでねぇ、難しいですよね。

 

わたしもできません。笑(おい!)

 

 

前に進むために「思考を整理する」という吐き出すという行動も、必要な時間です。

 

※メンタルトレーニングとは具体的な行動(提出)の積み重ねです。

 

 

 

 

ちょこちょこつづく・・

 

 

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

profile

selected entries

categories

archives

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode